ブログ アーカイブ

2016年1月16日土曜日

堺雅人の「真田丸」始まる!その「うらばなし」!

堺雅人の「真田丸」始まる!その「うらばなし」!

・・・歴史小説大好き人間です。中でも、司馬遼太郎の大ファンです。戦国時代と、幕末、明治維新が特に大好きです。私の戦国武将で大好きなのが、織田信長と、真田幸村です(堺雅人)。
 
  NHK大河ドラマ「真田丸」の初回視聴率が19・9%で好発進した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。主人公真田信繁(幸村)を演じる堺雅人をはじめ、草刈正雄、大泉洋、平岳大らいわゆる“三谷組”の俳優たちが持ち味を発揮しまくっていて、三谷ファン、大河ファンとしてわくわくするスタートだった。
 主演堺雅人と三谷氏の大河ドラマは「新選組!」(04年)以来12年ぶり。堺は「真田丸」主演を決意した理由を「まず、三谷作品に50話出られる喜び」と語っている
真田丸 見逃し動画配信はこちら

  10日から始まったNHK大河ドラマ『真田丸』に対するNHKの熱の入れようはただ事ではない。本番の『真田丸』だけではなく、サイドよりの応援も凄い!その一例は人気番組・「鶴瓶の家族に乾杯!」にしても、番組のスタート地、信州上田から始まり、次回は紀州は九度山、真田幸村親子が雌伏14年を蟄居したといわれる土地、ここへも出演する木村佳乃をゲストに「真田丸」の2回目ロケ地を訪ねる鶴瓶の旅は続く。地元和歌山県や九度山町も大歓迎。ロケに地元から出演者を集めたり、聖地高野山と隣接しているだけに、観光客を集めやすい。さて、「捕らぬ狸の皮算用」は如何に!
 さて、『真田丸』の初回は「軍馬」の疾走で始まったが、この馬はただの馬ではない。その裏話を仕入れてきたので、みなさんにご披露しよう!これも、地元からのプレゼントとして受け取りを・・・!

・ロボット馬 でスタート!ド迫力冒頭シーン

「迫力ある映像を撮影したいNHKは昨年、独自ルートでハリウッドの製作会社に依頼。
最新のロボット馬をレンタルすることに成功した。

精巧な機械の骨組みの上に特殊樹脂で作った馬の表面の皮をかぶせた形で、 1体あたりの製作費は数百万円。

この会社は生き物を模したロボットを使って撮影する技術「アニマトロニクス」の最大手。
過去、馬関連では映画「ラスト サムライ」(03年) 「ローン・レンジャー」(13年)などを手がけている。」と言うことです。

しっかり、走るんですね。 驚きですね。ロボット馬の撮影は昨年10月下旬に行われたようですね。
極秘だったんですね。 驚かそうと思って、ニクイ演出ですね。

堺正人自身は「これはリアル過ぎますね~」と驚きの声を上げていたそうですね。
ハリウッドに留学経験もある屋敷陽太郎プロデューサーは「馬の皮膚の質感、走る速度に合わせた馬体や たてがみの揺れ方などを微妙に再現する技術は日本ではまだ確立されていないそうですね

実際に見てリアルさに驚いた」と明かした。
今回の導入をきっかけに日本でもロボット馬製作の機運も高まっているといい、 「今後は製作会社とも話し合う予定。国産ロボット、ぜひ実現してほしい」と話していた。

そうですね。 日本は、ロボット技術世界1の水準ですからね。
今は、介護用とか、医療用に、注目されているようですが、ロボット馬、国産を見たいですね。

ドラマで、堺雅人が乗っていた馬は、ロボット馬ではないんんでしょうね。
どんな走りだったのか、気になりますね。



a 001.jpg


aa 001.jpgaaa 001.jpgaaa 002.jpgbb.pngb.png

・『真田丸』脚本:三谷幸喜氏が記者席から質問「ふんどしを…」

 

「真田丸」の出演者発表会見で、飛び入りで質問する作者の三谷幸喜氏

0 件のコメント:

コメントを投稿