ブログ アーカイブ

2017年8月18日金曜日

夏の甲子園・高校野球:和歌山代表・智弁和歌山:選抜王者の大阪桐蔭と対戦

和歌山)智弁和歌山 「王者」に肉薄 高校野球



五回裏、マウンドの黒原(右)に声をかける智弁和歌山の蔵野=阪神甲子園球場

 和歌山代表の智弁和歌山は17日、最後まで選抜王者の大阪桐蔭にくらいついた。一球一打に湧き上がるスタンドからの歓声。惜しくも敗れた試合の後には、4万7千人からの温かい拍手が選手たちを包み込んだ。

■冷静で強気なリード 捕手・蔵野真隆君
 選抜王者の大阪桐蔭を相手に捕手の蔵野真隆君(3年)は堂々のリードだった。
 初回から強気で攻めた。一回裏、1死三塁のピンチで3番の中川卓也君(2年)に対し、粘られてからの10球目。135キロの直球で三振に取った。この回1点は失ったが、その後、内外に球を散らし、緩い変化球で打者の気持ちをそらす。勝負どころでは内側の直球で攻め、相手打線に的をしぼらせなかった。ロースコアの展開に、高嶋仁監督(71)も「思い描いた通りになった」。
 捕手に定着したのは今年の春から。「バッテリーが課題」と、高嶋監督は昨秋まで捕手への不満を漏らしていた。しかし、蔵野君がマスクをかぶるようになってからは失点が減り、「守りがしっかりしてきた」。和歌山大会でも1試合平均で失点は2。2年生右腕の平田龍輝君も「リードを任せたら抑えられる」と信頼を寄せる。
 
 4月に就任した元阪神の中谷仁コーチ(38)の影響も大きかった。それまで、蔵野君自身、「(捕手は)捕って投げて、周りを見ていたらそれでいい」と考えていたが、中谷コーチがプロで培った経験を目の当たりにし、「野球にちゃんと取り組むようになった」。投手への気配り、打者への注意、配球など学べることはどんどん学んだ
 この日は、相手ベンチから「データ通り」と声が聞こえ、配球が読まれていると察知。すぐさま「自分だったら次どう攻めるか考えてその逆をいった」と組み立てを変える冷静さを見せた。
また、相手打者が直球にタイミングを合わせていると気づくと、変化球を軸にした配球にするなど打者への観察も怠らなかった。
 2人の投手をリードし、強打の大阪桐蔭を7安打、2得点に抑えた。それでも試合後、蔵野君の口から出たのは、「投手がよくやってくれた」と、投手をたたえる言葉ばかりだった。
 「プロでやりたい気持ちも芽生えた」と捕手に定着して、目標も一段階上がった。敗戦の悔しさは次のステージで必ず晴らす。

2017年8月15日火曜日

三毛猫駅長「たま大明神」鎮座2周年 名誉永久駅長のメダルかけた招き猫グッズ発売

三毛猫駅長「たま大明神」鎮座2周年 ニタマも参加し名誉永久駅長のメダルかけた招き猫グッズ発売

 和歌山電鉄




「たま招き猫」とツーショットのニタマ駅長=紀の川市
たま招き猫」とツーショットのニタマ駅長=紀の川市
 和歌山電鉄は14日、三毛猫駅長として親しまれた「たま」(平成27年死亡、現・名誉永久駅長)を祭る「たま大明神」の鎮座2周年を記念し、たまの招き猫グッズ第4弾を発売した。同電鉄貴志川線の貴志駅(和歌山県紀の川市)では三毛猫駅長「ニタマ」も参加して発売を祝う除幕式も行われ、多くのファンらが駆けつけた。
 たまの招き猫グッズ「たま招き猫」は、平成20年7月に第1弾、9月に第2弾、25年9月には第3弾が発売され、いずれも約1カ月で売り切れたという。今回は「たま大明神」の鎮座2周年を記念し、「名誉永久駅長」メダルを首にかけた第4弾を新発売した。
 たま招き猫は愛知県瀬戸市の陶器職人が制作した千個限定で、値段は「福来い」にかけて2951円。同駅や伊太祈曽駅(和歌山市)のほか、同電鉄のネットショップなどでも販売される。
 この日の除幕式には、貴志駅のニタマ駅長も参加。同電鉄の小嶋光信社長は「亡くなってからも、たまの人気が世界に広がり、ありがたく思う。『たまに負けないよう頑張るニャン!』とニタマも話しています」と述べた。たま招き猫を購入した奈良県大和郡山市の高校1年、茨木優輝さん(16)は「たまの賢かったところが好き。今日のニタマは少し不機嫌だったけど、そんな姿もかわいい」と笑顔を見せた。

2017年8月8日火曜日

紀州おどり「ぶんだら節」「おどるんや・よさこい祭り」大熱演!

紀州龍神が3連覇 おどるんやフィナーレ・8/8

 和歌山市の真夏の風物詩「第49回紀州おどり『ぶんだら節』」と「おどるんや~第14回紀州よさこい祭り~」が5日、けやき大通りや本町通りなどで行われ、同時開催が定着した2大イベントは約15万人でにぎわった。「おどるんや」は6日夜まで行われ、和歌山城周辺など中心市街地はフィナーレに近づくほどに熱気が高まった。
 
 NPO紀州お祭りプロジェクト(西平都紀子会長)主催の「おどるんや」は、5日はJR和歌山駅前、ぶらくり丁、和歌山城砂の丸広場、イオンモール和歌山の4会場、6日はモンティグレ、けやき大通り、和歌山城砂の丸広場、西の丸広場、高松の5会場で演舞が行われ、6日夜に砂の丸広場でフィナーレを迎えた。

 今回も真夏の炎天下、先月30日の開幕から計3日間にわたり、初参加8チーム、県外参加17チームを含む計94チーム、約3600人が踊り切り、総踊りでは喜びと達成感を分かち合った。
各会場では、オリジナル地方車から響く熱い爆音に乗せて踊り子たちが激しい演舞を見せつけた。夜になるほどに踊り子たちの疲れは募り、汗や涙でメークが崩れるなどしたが、祭りのテンションはますます盛り上がり、踊り子たちの笑顔は輝き、演舞はキレを増した。


 審査発表は和歌山城砂の丸広場で行われ、おどるんや大賞は「紀州龍神」(和歌山市)が3年連続6回目の受賞。金賞・県知事賞に「紀州天下華酔組」(岩出市)、銀賞・和歌山市長賞に「和歌山MOVE」(和歌山市)が輝き、3チームはステージで再演舞を披露した。
審査員代表の津村周和歌山新報社社長は「年々演舞のレベルが高くなっており、和歌山を愛している皆さんの気持ちが伝わってきます」と講評した。


 その他の受賞チームは次の通り。
【地方車賞】喜笑花(和歌山市)▽紀楽蝶(湯浅町)
【衣装賞】紀州龍神▽近畿大学よさこい連洗心(大阪府東大阪市)
【ホゴちゃん賞】合同連太陽(和歌山市)
【県議会議長賞】近畿大学よさこい連洗心
【県教育委員会賞】夢屋舞組(御坊市)
【和歌山市議会議長賞】四天王寺大学YOSAKOIソーラン部仏喜踊(大阪府羽曳野市)
【和歌山市教育委員会賞】関学よさこい連炎流(兵庫県三田市)
【高知市長賞】嘉們―KAMON―(大阪市)
【高知よさこい祭り振興会賞】神戸大学よさこいチーム山美鼓(神戸市)
【審査員特別賞】夢コスモス(和歌山市)



おどるんや大賞3連覇を飾った「紀州龍神」
おどるんや大賞3連覇を飾った「紀州龍神」

2017年7月10日月曜日

イチロー、前半戦自己最低打率も指揮官の信頼厚く「打率だけで評価しない」!

イチロー、前半戦自己最低打率も指揮官の信頼厚く「打率だけで評価しない」!

イチロー選手の前半終了、14日から後半戦の入るが、前半の成績は自己ワーストの0.220で折り返した。だが、監督の信頼厚く「打率だけで評価しない」! とのことなので、決して人を裏切らない彼の性格から、監督はもとより球団・彼のファンを喜ばせてくれることを期待して応援を続けよう!



キャッチボールをするイチロー

「ジャイアンツ8-10マーリンズ」(9日、サンフランシスコ)
 マーリンズのイチロー外野手(43)は3-3の六回1死一塁から代打で出場し、左飛だった。守備には就かず、1打数無安打。打率・220(109打数24安打)で前半戦を終えた。
 球宴を前にした前半戦最後の試合。イチローは過去8打数無安打と苦にしている右腕、クエトに対し、カウント1-2と追い込まれた後の4球目、外角スライダーを打って出たが、打球は左翼手のほぼ定位置。結果を出すことはできなかった。
 前半87試合を消化してイチローの出場数は74試合。その内訳は先発12試合、代打56試合、守備と代走6試合だ。打線の核となる正外野手3人が好調だったため、出場機会は減少。打席数は自己最少だった昨季の188打席を大きく下回る116打席。打率も4、5月の不振が影響し、自己ワーストの・220でシーズンを折り返した。
 しかし、マッティングリー監督は「今季の打席は基本的に代打によるもの。1試合に1度しかチャンスがないのはどんな選手にとっても難しいものだ」と解説。6月9日以降の25試合の打率は・306(36打数11安打)と復調の気配を見せていることにも触れ、「シーズンの序盤は調子が上がらなかったが、今はバットがよく振れている。この2、3週間はかなりいい」と話した。

試合前のフィールドでキャッチボールをするイチロー(撮影・小林信行) 後半戦は14日から始まる。「イチローは自分の役割を理解し、しっかり果たしている。われわれは打率だけで選手を評価するようなことはしない。ゲームの中でどんな働きをしているか。イチローはフィールドに立てば、自分のすべきことを正しくする選手。もちろん、すべてがうまく機能するわけではないが、彼はいつでも準備できているので安心して起用している」。指揮官が厚い信頼を口にした。

熊野那智大社の「大しめ縄」の張り替え!

大しめ縄 決死の張り替え ・07月10日


大しめ縄を張り替える神職ら(那智勝浦町で)
  • 大しめ縄を張り替える神職達!)


    那智の火祭りは熊野那智大社の例大祭で正式には「扇祭」「扇会式」と呼び、毎年7月14日に執り行われます。
     
    那智の火祭りは熊野那智大社に祀られている滝の神が、年に1度滝本の飛瀧神社への里帰りを行うもので、十二体の神々を御滝の姿を表した高さ6メートルの扇神輿十二体に遷し、熊野那智大社から御滝へ渡御をするものです。
      
    那智の火祭りと呼ばれる御火行事は那智の滝の参道で行われ、十二体の扇神輿を重さ50kg以上の大松明の火で迎え清める神事です。

    7月9日に社殿を清め、那智大滝の注連縄を張り替え、11日に扇神輿12基を組み立てられ、13日は宵宮祭が行われます。

    7月14日の例大祭では、午前中に無形文化財の大和舞、田楽舞、田植舞が奉納され、午後からは扇神輿が大社から旧参道を経て滝本の飛瀧神社へ運ばれます。

    途中の「伏し拝み」という場所で扇神輿を残して全員が滝本に下がり、御滝前では宮司ら神職が祭壇前に座り、烏帽子をかぶった二臈神職が点灯した2本の松明を持って「伏し拝み」まで「使」が走ります。

    扇神輿が滝本へ向かうと、出迎えは12本の大松明に火を付けて石段を登り、扇神輿を大松明で迎え清めます。

    この事が「扇祭」が「那智の火祭り」と呼ばれるようになった所以です。

    かつては旧暦の6月14日・18日に行われ、 『紀伊続風土記』の記述によると、

    6月朔日に全ての社僧が滝本に集まり、さらに十二所権現で神役を務め、14日に12本の大扇を十二神に表し、未の刻に神扇などが滝本宮を巡って田楽を行なう。そして酉の刻に伏拝した後、神扇を立て列ねて献灯し、社僧は十二所権現に集まり、神扇が十二所権現に着くと社僧は大きな松明を持って迎え、田植の儀式や田楽が続く。18日も14日と同様の式がある。
    とされています。

    十二神を表す大扇

    田楽舞、田植舞などを奉納

    扇御輿を大松明で迎え清める

    滝本へ向かう扇御輿 


 

2017年7月1日土曜日

夢よもう一度「甲子園で優勝」阪神ドラフト1位プロの世界から母校・智弁和歌山のコーチに 中谷仁(なかたに・じん)さん

デビュー】夢はもう一度「甲子園で優勝」阪神ドラフト1位プロの世界から母校・智弁和歌山のコーチに 中谷仁(なかたに・じん)さん(38) 2017/7/1




               

 プロ野球の阪神、楽天、巨人を渡り歩いた元捕手の中谷仁さん(38)が今年、コーチとして母校の智弁和歌山高野球部で指導者の道を歩み始めた。
 プロの世界に身を置いた15年間で「一球の重み」を学んだ経験からバッテリーの強化に力を注ぐ。平成9年に夏の甲子園優勝をともに味わった同部の高嶋仁監督(71)を再び甲子園で胴上げするべく、グラウンドで後輩たちと汗を流す日々。現在の思いを聞いた。

 --コーチ就任の経緯は
 平成25年に巨人のブルペン捕手を退職したとき、いずれプロ野球のコーチや智弁和歌山高校で監督のお手伝いができればと考えていました。その勉強をするためにプロ野球OB会の野球教室で全国を回ったりしながら子供たちに3年ほど野球を教えました。昨年から今年にかけ、智弁和歌山の理事長から「高嶋監督の後任は中谷君しかいない」と声をかけてもらいました。高校3年のときと同じように高嶋先生と甲子園優勝を目指せる。こんなにやりがいのあることはないと思い、決断しました。今年1月から臨時コーチ、4月からは専属で毎日教えています。
 《春夏3度の甲子園優勝を誇る強豪・智弁和歌山だが、23年夏(3回戦敗退)から甲子園での勝利がなく、最後に出場したのは27年夏だ》
 --母校を強くしたい思いもあった
 野球部OBの方々と話す中で、智弁和歌山に一時期の勢いがないことや、甲子園にしばらく出ていないことが話題にあがることがあります。高嶋先生の年齢のことも考えると、もうひと花咲かせたいという思いが強いです。
 --元捕手として力を入れて指導していることは
 バッテリーの強化です。うちは伝統的に強力な打線は組めているんですが、最近は失点の多さが敗因の一つになっていて、高嶋先生も気にしている。プロ15年間のうち半分くらいは野村克也監督の下で捕手をやっていたので、「野村野球」で培った準備の大切さを伝えています。
 --「野村野球」とは
 野村野球とは準備野球。戦う前の準備で勝敗の7、8割は決まっていると思え、と。例えば相手打線に左打者が多いと、こういうボールは危ないから投げないようにとか、普段からブルペンで投手にこう声をかけておくとか。捕手は投手に投げてもらう部分があるので、サインを出してミットを構えることしかできない。どう投げてもらうか、練習から試合を想定して準備しておきなさいと話しています。
 --バッテリー間の意思疎通が重要だと
 捕手には「意図、根拠をサインに入れなさい」と言っています。同じスライダーでも、このスライダーで三振を取るんだというのと、何も考えずに投げるのとではまったく違う。「一球入魂」とはそういうことだと思います。バッテリーの意思疎通ができていたら、たとえ配球ミスでも最悪の結果を免れたりするものです。同じ球を投げさせるのでも狙いをしっかり共有することが大事です。
 --伝える難しさもある
 私も高校生のときにそうでしたが、一度にたくさん言われても頭に残らないので、タイミングを見て一日に1つか2つだけ伝えています。選手の足りないところに気づいて、一緒に考えながらやっています。難しいですが、部員たちと同じく日々勉強です。
 --春季近畿地区大会の県予選で優勝。成果が表れている
 決勝(和歌山商業戦)は完封勝ちで、まだまだですがバッテリーの軸はできてきました。あっという間に夏の甲子園の県大会が7月に始まります。プロ野球は毎日試合がありますが、高校野球は土日しかないので、月12試合くらいで1カ月が終わります。反省と準備で試合を迎えるとすぐ時間が過ぎてしまいます。時間が足りないですね。
 --今後の抱負は
 選手たちにはたとえ甲子園に出られなくても、その先の人生があると言っています。プロ野球で一流の結果を出す選手は、あいさつだったり、感謝の気持ちを持つことだったり、人間性も一流だったと伝えています。甲子園優勝を掲げながら、社会で認められる人間性を身につけてほしい。高嶋先生と一緒にグラウンドで泥んこになって、できることをやっていきたいと思います。

 【プロフィル】昭和54年5月、和歌山県生まれ。智弁和歌山高野球部では平成9年に主将として夏の甲子園で優勝し、同年のドラフトで阪神から1位指名を受けて入団。17年オフに楽天に移籍し、24年に巨人でプレーしたのを最後に現役引退。25年は巨人でブルペン捕手を務めた。プロ通算成績は111試合出場、4本塁打、17打点、打率1割6分2厘。26年に学生野球資格を回復。今年1月、母校のコーチに就任した。

2017年6月27日火曜日

イチロー、米史上最年長中堅スタメン出場43歳246日! 

イチロー、米史上最年長中堅スタメン43歳246日! 先制ホームで勝利貢献


6月26日

画像:イチロー、米史上最年長中堅スタメン43歳246日! 先制ホームで勝利貢献

殿堂選手リッキー・ヘンダーソンの43歳211日を抜く

 マーリンズのイチロー外野手が25日(日本時間26日)、本拠地でのカブス戦に「1番・中堅」で先発。6月11日パイレーツ戦以来となる先発出場で、1回に先制ホームを踏み、勝利に貢献した。また、MLB公式サイトによると、43歳246日でのセンター先発出場は、リッキー・ヘンダーソン(43歳211日)を抜いてメジャー史上最年長記録となった。チームは4-2で勝利した。
 背番号51が、また新たな記録を打ち立てた。この日は正中堅手のイエリッチに休養日が与えられ、代わりにイチローが中堅で先発し、メジャー史上最年長記録を更新した。そのイチローは、第1打席にカブス先発モンゴメリーがカウント1-1から投げた3球目を振った。平凡な遊ゴロに終わるかと思いきや、守備の名手で知られるカブス遊撃ラッセルが捕球しながらも落球。ラッキーな失策で出塁すると、後続の四球で二進した後、4番オズナのタイムリーで先制ホームを踏んだ。
 その他の打席は、投ゴロ、遊ゴロ、一ゴロで4打数無安打1得点。打率は.200。
 カブス上原浩治投手、マーリンズ田澤純一投手は、いずれも登板せず。期待された2年ぶりのイチローVS上原の対決は実現しなかった。

(和歌山)串本海中七夕まつり!

(和歌山(和歌山9彦星と乙姫の様に水中で愛を誓い合う?
設置予定期間: 2017年6月25日(日)~7月10日(月)
設置予定ポイント:住崎(水深15m)
参加費用:無料
参加方法:事業組合各店で用意している短冊に願い事を書いて、ご自身で水中の竹にくくりつけることができます。


■串本海中七夕祭り

串本のダイビングポイントに七夕飾りを設置します。 どなたでも短冊に願い事を書いて飾ることができます。 昨年もたくさんの方が、色んな願い事を書いて水中の七夕に参加してくれました。 普段とは違う水中での七夕祭り。 皆さん子供のころ初めて願い事を書いて飾った時のような
新鮮な気持ちになったと喜んでいました。

2017年6月24日土曜日

米国大リーグ・日本人投手同士の初対決!マー君(ヤンキース)は8回3安打無失点 ダル(レンジャーズ)と名勝負演じる

2017.6.24

米国大リーグ・日本人投手同士の初対決!マー君(ヤンキース)は8回3安打無失点 ダル(レンジャーズ)と名勝負演じる

レンジャーズ戦の8回、ピンチを切り抜け雄たけびを上げるヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)
レンジャーズ戦の8回、ピンチを切り抜け雄たけびを上げるヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)

 ヤンキース-レンジャーズ(23日、ニューヨーク)ヤンキースの田中将大投手(28)とレンジャーズのダルビッシュ有投手(30)がメジャーで初めて先発対決に臨み、8回を投げ9三振を奪うなど3安打無失点。6勝目とはならなかったが兄貴分ダルビッシュと名勝負を演じた。
 金曜のニューヨークは雨天のため試合開始が1時間以上遅れたが、田中は一回、無失点。先頭の秋信守(チュ・シンス)、3番・マザラから空振り三振を奪うなど、序盤から本拠地のファンを沸かせた。中盤から雨が強くなってきたヤンキースタジアム。田中は六回、七回を3者凡退。八回に二死一、二塁のピンチを招いたが、ガロを二ゴロに抑えて無失点に抑えた。九回のマウンドには上がらず、球数は100で2四球で防御率は5.74となった。
 特別な試合だった。昨オフにも合同でトレーニングを行うなど尊敬するダルビッシュとの初めてのメジャーでの投げ合い。田中は登板前に「楽しみにしていました。自分もこういう状況ですし、これをきっかけに、いい投げ合いができたら」と心境を口にしていた。自己ワーストの6連敗中(5勝7敗)だったが、ダルとの対決でエースらしい投球がよみがえった

2017年6月18日日曜日

イチロー6試合連続安打で通算3049安打、歴代24位へ「4」

イチロー代打で同点打 6試合連続安打で通算3049安打、歴代24位へ「4」


6月18日(日)
イチローの調子があがってきました。チームとの信頼関係で起用し続けらることを前提で、アップの機会が増えそうなのでご期待下さい!

画像:イチロー代打で同点打 6試合連続安打で通算3049安打、歴代24位へ「4」

マーリンズは一挙5得点のビッグイニングで逆転

 マーリンズのイチロー外野手は17日(日本時間18日)、敵地でのブレーブス戦に代打で出場し、今季初の6試合連続安打となる同点タイムリーを放った。メジャー通算3049安打とし、歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り4本。好調を維持している。
 イチローは2-3と1点差に迫った5回、先発ロックの代打で登場。1死一塁の場面で、まずは左腕ガルシアのボークで一塁走者のコロンが二塁に進む。さらに、1球目にイチローがバントの構えを見せると、捕手のフラワーズがパスボール、コロンは三塁まで進んだ。
 その後、2球ストライクで1ボール2ストライクとなった後、イチローはガルシアのツーシームを捉える。ライト前に運ぶタイムリーでコロンが生還。同点打となった。さらに、ゴードンのニゴロで二塁に進むと、続くスタントンは敬遠、そしてイエリッチはツーベース。イチローとスタントンが生還し、マーリンズはこの回に一挙5得点で5-3と勝ち越した。
 イチローはメジャー通算3049安打とし、歴代24位カルー(3053本)までいよいよ残り4本。打率は.226まで上がってきた。守備にはつかず、そのまま交代した。

2017年6月17日土曜日

和歌山・白浜「三段壁」を名勝に追加指定へ

三段壁を名勝に追加指定へ!



 高さ40メートル以上の断崖がそそり立つ白浜町の景勝地「三段壁」が、国の名勝に追加指定されることになりました。
これは16日、国の文化審議会が文部科学大臣に答申しました。
白浜町の「三段壁」は、高さ40メートル以上の断崖がそそり立つ景勝地で、展望台からは太平洋が一望できます。
 約1600万年前に海底に堆積した地層が隆起し、風や波によって風化や浸食が進んだ結果、現在の景観が形成されたと考えられていて、江戸時代の紀行図にも描かれるなど、古くから観光名所として知られていました。
こうしたことから、「三段壁」は、すでに国の名勝になっている
「円月島」や「千畳敷」とともに、白浜海岸のすぐれた景観を形づくっているとして、これらに追加する形で名勝に指定されることになりました。
 和歌山県は海岸線が長く、白浜町から南は串本町の「橋杭岩」に代表されるように奇岩の連なりが景観を支えています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
白浜町の地図

白浜町のみどころ!

白良浜
延長640mの遠浅の浜。
90%の珪酸を含む石英砂は文字通り真っ白でサラサラの砂。
詳しくはこちら
千畳敷
広い岩畳を思わせる大岩盤。太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は打ち寄せる荒波に侵食され壮大な景観を作っています。
詳しくはこちら
円月島
島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。沈む夕陽hは「和歌山県の夕陽100選」に選ばれています。
詳しくはこちら
アドベンチャー ワールド
愛嬌たっぷりのジャイアントパンダに会える、ふれあい体験がいっぱいのテーマパークです。
詳しくはこちら
温泉
打ち寄せる波がすぐ目の前の露天風呂「崎の湯」をはじめ、町内にはたくさんの温泉施設や、気軽に楽しめる足湯もあります。
詳しくはこちら
志原千畳敷
熊野灘に向かって畳を敷きつめたような広大な岩場。
周囲の大洞窟と共に男性的な景観を見せています。
詳しくはこちら
三段壁
千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖が南北2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮が激しくぶつかり合う光景は、大迫力。
詳しくはこちら
熊野古道大辺路
白浜町の「富田坂」から「仏坂」、すさみ町の「長井坂」に続く大辺路街道のうち、自然と文化的景観が残された参詣道として、峠越えの尾根道や石畳道が世界遺産に登録されています。
詳しくはこちら
安居の渡し
清流・日置川を舟で渡る「安居の渡し」はいにしえの風情たっぷり。
詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください:TEL / 0739-43-6588:FAX / 0739-43-7825

2017年6月14日水曜日

イチロー代打で4戦連続H&約2か月ぶり打率2割台 

イチロー代打で4戦連続H&約2か月ぶり打率2割台 6月14日(水)


画像:イチロー代打で4戦連続H&約2か月ぶり打率2割台 交流戦Hで歴代1位タイ浮上


 マーリンズのイチロー外野手が13日(日本時間14日)、インターリーグの本拠地アスレチックス戦で8回に代打で出場し、右前安打を放った。今季初の4試合連続でメジャー通算3047安打として、歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り6本とした。また、インターリーグ(交流戦)の通算安打数が364安打となり、デレク・ジータ—氏と並ぶ歴代トップに浮上した。マーリンズは復帰したスタントンが17号2ランを放つなど、8-1で大勝。連敗を2で止めた。
 前回の試合で2号本塁打を放っていたイチローはこの日、ベンチスタート。出番は7点リードの8回に回ってきた。自身交流戦通算300試合の出場となったベテランは右腕ニールの6球目を捉え、右前安打をマーク。これで4試合連続ヒットとなり、交流戦通算安打数でジータ—氏と並び歴代最多となった。

 この日は守備には就かず。1打数1安打で打率.207に浮上。ここまで打率1割台と低迷していたが、6月は復調の兆しを見せており、4月21日時点以来となる2割台となった。